ベランダで簡単にできるミニトマト栽培法

ミニトマトは日当たりのいいベランダなら、誰にでも育てられる比較的簡単な野菜です。GWのお休みにチャレンジしてみては?



サイトトップ > 苗を買ってきて植えるから、スタートも簡単です

スポンサードリンク

ベランダで簡単にできるミニトマト栽培法

苗を買ってきて植えるから、スタートも簡単です


文字どおり小さなミニトマトは、ベランダのプランターでも日当たりがよければ簡単に育てられるんです。


種から育てる方法もありますが、プランターではそんなに本数も必要ないので苗を買ってきて植えるほうがおすすめ。関東では4月~5月にかけて苗が売られます。GWは苗の植えつけにはちょうどいい時期ですから、ミニトマト栽培にチャレンジするいい機会ですよ。


トマトは病気にかかりやすい野菜ですので、耐病性の苗(ウィルス病に強いCMVワクチン接種苗)を選んでください。栽培しやすいミニトマトの代表的な品種には「アイコ」、「ミニキャロル」、「ペペ」、「ピコ」などがありますが、最近ではさらに種類が増えました。


「チェルシーミニ」、「スーパーサンチェリー」、「小桃」、「レッドルビー」、「千果(ちか)」、「ティンカーベルトマト」、「ペア」、「シュガーランプ」、「ピンキー」、「オレンジチャーム」、「カナリーベル」、「ピッコラカナリア」「イエローミニ」、「キャンドルライト」などなど。どれもミニトマトらしくかわいいネーミングですね。初心者には、「レジナ」や「チビ助」、「ちびっこトマト」、「テラストマト」といった、小型で背丈が伸びない品種が育てやすく向いています。


ベランダで簡単にできるミニトマト栽培法

MENU



スポンサードリンク